■  「おもしろクイズBOX」ってどうよ?



おもしろクイズBOX(おもしろくいずぼっくす)は日本テレビ系で1983年7 月4日-1985年6 月24日、月曜19:30-20:00に放送されていたクイズ番組である。司会は桂文珍、アシスタントは初代が田丸美寿々(当時は美里美寿々。1985年3月に米国留学の為に降板)、2代目は白石マル美(当時は白石まるみ。最晩年のアシスタント)。前身番組は愛川欽也司会の『おもしろ博士クイズ』。日本テレビ系最後のロート製薬一社提供のクイズ番組でもあった。

番組タイトルは、立方体の上底に「おもしろ」、左側面に「クイズ」、右側面に「BOX」と描かれている構成となっていたが、オープニングキャッチでは、「おもしろ」「クイズ」「BOX」が横並びで構成されていた。この時期のロート製薬1社提供番組のオープニングキャッチは、原則として番組タイトルをそのままの構成で出す構成となっている為、この番組のパターンは異例だった。1984 年1月3日の16:00~16:40、及び1985年1月3日の15:15~16:00には、『お正月スペシャル』として時間拡大バージョンが放送された。ちなみに45分通してロート単独提供だった。製薬会社提供のレギュラー番組は、製薬会社同士の紳士協定で31分以上のテレビ番組の単独提供はできないが、単発番組だけは特例で、この場合のみ単独提供を行っている。この例は、同じくロート単独提供番組で、いずれもレギュラー枠の単発版に当たる

NTV、STV、RAB、ABS、TVI、YBC、mm34(現:MMT)、FCT、TNN(現:TeNY)、YBS、SDT、CTV、KNB、MRO、FBC、YTV、NKT、RNC、HTV、KRY、JRT、RNB、RKC、FBS、KKT※これまで30分前倒しで先行ネットされていた福井放送ほかいくつかの系列局 では、当番組開始9か月後の、1984年4月改編期より同時ネットに昇格している。1985年初頭頃から裏番組のTBS『クイズ100人に聞きました』(1984年10月より『JNNニュースコープ』拡大のため、時間枠が19:20〜20:00に変更)に人気を奪われて視聴率が低迷し、同年3月にアシスタントを交代するも好転せず、番組改編期でない1985年6 月24日に終了した。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


【PR】 薄毛や抜け毛は男性だけの悩みではないです。女性でも育毛剤を使用している方は多いです!

■ コント関連最新ニュース